IR情報

TOP > IR情報|ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシーの方針

当社は、株主及び投資家の適時に正確かつ公平な情報を提供するため、株式会社東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に沿ってディスクロージャーを行っております。また、適時開示規則に該当しない情報についても、特定の株主及び投資家に情報が集中しないように公平な開示を行い、株主及び投資家にとって有用な情報の提供を行うことをディスクロージャーの基本方針としております。但し、当社では競争優位上あるいは守秘義務契約上、特定の情報にお答えできない場合がございますのであらかじめご了承ください。

ディスクロージャーの開示方法

商法及び証券取引法等における法律に定められたディスクロージャーについては、法令に定められた方法にて適正に行っております。また、適時開示規則に該当するディスクロージャーは、同規則に従い、株式会社東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」へ登録し、速やかに報道機関に同一情報を提供いたします。当社ウェブサイトにおけるTDnetにて公開した情報の提供については、証券取引法及び適時開示規則を踏まえ、報道機関に事実を公表し、株式会社東京証券取引所ウェブサイト内の「適時開示情報閲覧サービス」への掲載確認後、速やかに当該情報の掲載を行うことといたします。また、PDFファイルやその他準備の都合上、当該情報のウェブサイトへの掲載が大きく遅れることもあります。
適時開示規則に該当しない情報については、証券取引法等の各法令を踏まえて、適切な方法により正確かつ公正に当該情報を株主及び投資家に伝える方針であります。但し、プレスリリース等による発表後12時間以内に当社ウェブサイトにおいて開示された情報にて行う株式等の売買等が証券取引法のインサイダー取引規制に抵触する恐れがあります。当社は情報受領者がインサイダー取引規制に関する「一次情報受領者」となる可能性があるものにつきましては、その旨を明記することによりインサイダー取引の未然防止に努める方針であります。

スポークスパーソンについて

当社のスポークスパーソンは、社長、情報開示責任者、IR担当者としており、スポークスパーソン以外の者がIR活動の一環として、市場関係者とコンタクトする際には必ずIR担当者が同席致します。また、スポークスパーソン以外の役員及び従業員がIR情報の提供を行うことは致しかねますのでご了承ください。

沈黙期間

当社は各四半期決算締め日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算に関するコメント・ご質問への回答は差し控えさせて頂きます。但し、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応致します。また、沈黙期間中に判明した業績が既発表の業績予想の差異が適時開示規則に該当する変動許容幅を超える場合が明らかとなった場合には、情報開示方法に従ったディスクロージャーを行います。

ディスクロージャーポリシーの尊重

当社は、スポークスパーソンのみならず、従業員全員に本ディスクロージャーポリシーを徹底し遵守致します。また当社連結子会社においても本ディスクロージャーポリシーを適用し、グループ全体として徹底し遵守致します。

ページ上部へ

ドメイン | ASJサーバー | ショッピングカート開業 | 予約システム | ホームページ 制作 | 決済代行 | グループウェア | アフィリエイト | 代理店募集 | ホームページ制作会社募集