DX戦略

ASJグループにおけるDXの取組み

DX推進の背景

ASJグループでは、「日本のために、日本の企業のために、日本で働くすべての人のために、海外で働く日本人のために」をMissionに掲げております。
現在、世界的に、あらゆる要素がデジタル化されていくSociety5.0に向けて、生成AIやIoT技術、メタバース等の出現によって、それぞれの企業が保有するデータやノウハウを中心に、業務を抜本的に見直す必要があり、そのために様々な情報インフラを変革することが求められております。

その中で、ASJグループでは、ビジネスモデルを抜本的に変革するために有用なサービスを多数提供するとともに、ビジネスの持続性確保のために必要となるセキュアな環境のデータセンターを保持・運用して、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、「DX」といいます。)の推進を行っております。

ASJグループでは、DXについてお客様そして我々の「労働生産性向上」「収益向上」「利便性向上」「安全・安心」の実現に向けた改革を推進していく方針です。その実現に向けて、データやデジタル技術の活用、情報システムの構築、そしてDX人材の育成に努めてまいります。

また、サステナビリティ経営として、自らが実践してきたDX化を基に、「HotBiz」等の様々なサービスの提供によるペーパーレス化の推進、DXやセキュリティ技能の提供といった知識習得機会の提供等も通じて、お客様との伴走型支援によるDX推進を通して、「お客様の課題を発見し、解決へと導き、さらなる発展と働きやすい環境づくりを支援する。」といったVisionに向けて、日々取り組んでまいります。

DX戦略

ASJグループでは、「労働生産性向上」「収益向上」「利便性向上」「安全・安心」の実現に向けたDX推進に向けて、様々な取り組みを行っております。これらの取組によって、DX推進がASJグループの業容の拡大に寄与しております。

1. デジタル技術の活用
ASJグループでは、PCやタブレット等の情報機器、様々なクラウドサービスを活用し、業務効率化を図っております。具体的な施策としては、勤怠管理、経費申請、稟議申請等においてペーパーレス化を実現しております。さらに、顧客データベースの構築、自社構築のCRMシステム等を活用して、的確な応対を行うことで、カスタマーサービスにおける品質の向上を図っております。
また、ASJグループでは生成AIを活用した業務効率化やサービスの研究を行っております。その中で、考え得るリスクについて検討し、持続可能な形での活用を行うため、「生成AIの利用に関するガイドライン」を制定・運用し、AIを安心して利用できる世界を目指して取り組んでおります。

2. DXを活用したサービスの開発・提供
ASJグループでは、自社グループのDX推進の結果、得られたデータを活用し、実際に業務が効率化されたことを活かしたサービスの提供を行っております。具体的なサービスとしては、バックオフィス業務の効率化に寄与しているクラウドグループウェア「HotBiz」「TimeBiz」やe-Govによる電子申請の効率化に寄与しているクラウド電子申請システム「ez-Gov」等の提供等を行っております。
また、お客様の課題をお伺いし、蓄積されたデータを基に、課題解決に導くシステムの改善提案を行い、既存サービスのカスタマイズや導入支援を行うことによって、お客様のDX推進に寄与しております。
今後も、お客様の声を活かし、サービス改善の実現に向けて取り組み、自社グループのDX推進の効果による新規サービスの提供を行ってまいります。

3. セキュアなデータセンター環境によるサービスの提供
ASJグループが提供するクラウドサービスは主にASJグループが有するデータセンターを介して提供しております。当該データセンターで持続的にサービスを提供するためには、高いセキュリティレベルと高い冗長性が求められております。
ASJグループでは、クレジットカード業界の情報セキュリティ標準である「PCI DSS レベル1」に完全準拠するとともに、情報セキュリティマネジメントシステム「ISMS認証」、個人情報保護マネジメントシステム「プライバシーマーク付与事業者」等の第三者機関による認証を取得するとともに、国際資格である「公認情報システム監査人(CISA)」資格や「PCI DSS ISA」資格を有する情報セキュリティ担当者によるセキュリティチェック等によって、お客様に提供する環境の「安心・安全」の維持・向上が実現しております。

DX戦略を推進するための体制

1. DX戦略を推進する部署の設置
ASJグループでは、代表取締役直属の組織としてDX・セキュリティ推進室を設置し、社内外におけるDX推進と情報セキュリティの向上の実現に向けて取り組んでおります。また、DXに関する最新技術動向の調査を実施し、グループ内の経営会議等で当該内容の共有等を行い、その他経営情報を基に、中期方針、年度方針を策定しております。

2. デジタル人材の育成及び採用の強化
ASJグループでは、“DXリテラシー標準”及び “DX推進スキル標準”を参考にし、eラーニングツールを活用したデジタル教育及び外部研修への積極的な参加、IPAやベンダー等が実施している資格試験取得推奨制度を導入しております。また、採用につきましても、キャリア採用を強化し、DX推進に寄与する人材を確保してまいります。

DX活用のための環境整備

 ASJグループでは2024年中に姫路市に「ラボ&サーバセンター(仮)」の竣工を予定しております。当該施設では、BCP対策や新たなサービス、研究開発等を行っていくことを目的としており、お客様のDX推進に向けて、サービスの充実を行ってまいります。

戦略の達成状況にかかる指標

 ASJグループでは、DX推進による業容の拡大のKGI(Key Goal Indicator)として、「連結売上高」「フリー・キャッシュ・フロー」を定量指標として全体の達成度を評価しております。これらのKGIの実現に向けたKPI(Key Performance Indicator)としては、以下の指標によって個別の達成度を評価しております。

(1) DX推進指標(経済産業省)
(2) 付加価値額
(3) 労働生産性指標